Home > スポンサー広告 > 死に対して

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

水瓶座 URL 2009-12-18 (金) 12:43

こんにちは。
お友達のお父さんとはいえ、考える事は沢山ありますね。

臓器の提供の話が出たとか。
提供するもしないも、ご家族の自由です。

しかし、臓器を提供すれば(たとえば二つの腎臓)、
「お体は無くなっても、腎臓だけはこの広い空の下で
お二人の体の中で生き続け、お役に立っている。」
そんな考え方もあるのです。

ぐっさん。 URL 2009-12-18 (金) 23:12

何というかいたたまれない話です。

俺 本人がもしも脳死になったら機械で生かさず逝かせてくれと思います。俺の親は「自分が脳死したら生命維持とかするな」と言うものの、そうなったときが想像できないですね。もし俺の親とかがそうなったとした息子としてそれを決断できるだろうか どうすべきだろうか その最期の決断がたとえば入院費とかの問題で踏み切れるものか… 想像も付かないです。

うは URL 2009-12-21 (月) 14:12

複雑ですね、心中お察し申しあげます。
奥さんとかお子さんが下した「決断」が、『宿命』では
ないでしょーか。

ここ数日、めっちゃ寒いね。 ご自愛してね。

URL 2009-12-25 (金) 11:56

水瓶座さん:

こんにちは
そうですよね。私ももしお父さんの臓器が頑丈で
どうしますか?って言われたら、迷います・・

どこかで誰かの身体の中で生きていてほしい気もしますが、
なんか痛いのかも・・とか思ってできないかもしれませんし
難しい問題ですね。

URL 2009-12-25 (金) 11:57

ぐっさん。さん:

そうなんですよ!もし自分ならもういいですって言いそうですけど
本人以外は、きっと長く生きてて欲しいがために、延命しますよね。
だからいつ何時どうなってもいいように、書いとこうと思いました。

おじさんが亡くなった後も、何がどこにあるのかさっぱり分からず、
家族中大慌てでした。

URL 2009-12-25 (金) 11:59

うはさん:

もし自分の身内ならどうしようって本当に悩みました。
死なないもんだって思って生活していますが、
両親も50代で、分からないですよね。
もしかしたら事故ってこともありますしね。
毎日を大切にしないといけないですね。

昨日は若干暖かかったですけど
お正月あたりはどうなるんだろうか・・・・
広島雪降ったら、ノーマルタイヤしかない私は
帰れません(爆)

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://aimaxx.blog23.fc2.com/tb.php/400-794a9064
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 上海 シャン・イー・シャン

Home > スポンサー広告 > 死に対して

Home > 日常 > 死に対して

死に対して



先週の夜 友達のMさんが私に電話してきた。


「 お父さんが 倒れた 」


しばらく家で待っていたけど、

また電話がかかってきて


「 もう駄目みたいだから、家の片づけ手伝ってほしい 」


それから車で1時間以上かけてMさんちに行き、

家の片づけや家事なんかを徹夜でした。


おじさんは、搬送されたときは亡くなっていたけど、

病院で処置を受け、また心臓が動き出していた。

だけど、くも膜下で倒れもう手術しても無駄だと言われて、

ただ機械で臓器が動いている状態だった。


今日か・・ 明日か・・ と言う中、彼女の家族に

「 愛ちゃん いれるなら(彼女の)家にいてほしい 」 と言われ

しばらく彼女の家と病院を行き来することにした。


私も家族の方々も疲れ果てていたけど、

おじさんのそばから離れなかった。


私は、現実を受け入れることができなくて、

おじさんにしばらく会わなかったけど、

やはり一度は顔を見ないとと思い、集中治療室に入った。


おじさんは寝ているようだった。

どこも悪そうではないし、本人もどこも悪くないと先日私に言ったばかりだった。


「 おじさん・・ 」


と声をかけたけど、返事がなくて

その時はじめて、私は号泣してしまった。

いつもは返事するおじさんが、返事をしなかったから。


数日後 脳死です と医者から言われ、臓器の提供などの話があがったけど

おばさんはそれは嫌ですと断った。


その後私は自宅へ戻ったけど、

おじさんの事が毎日頭から離れなくて、夜寝る前には

おじさんが明日もあたたかいままでいてほしいと思うようになった。


彼女の身内は入院費の問題などをあげ、今後を慎重にと言っているようだけど、

分かってはいるけど、こういう状態になると、

やっぱりどんな形でも生きててほしいと思った。


 
今まで考えなかったことを、この数日間で沢山考えた。


「 生 」 か 「 死 」 か 


では割り切れないこの感情は、想像を絶する複雑さだと、

今感じています。



 

Comments:6

水瓶座 URL 2009-12-18 (金) 12:43

こんにちは。
お友達のお父さんとはいえ、考える事は沢山ありますね。

臓器の提供の話が出たとか。
提供するもしないも、ご家族の自由です。

しかし、臓器を提供すれば(たとえば二つの腎臓)、
「お体は無くなっても、腎臓だけはこの広い空の下で
お二人の体の中で生き続け、お役に立っている。」
そんな考え方もあるのです。

ぐっさん。 URL 2009-12-18 (金) 23:12

何というかいたたまれない話です。

俺 本人がもしも脳死になったら機械で生かさず逝かせてくれと思います。俺の親は「自分が脳死したら生命維持とかするな」と言うものの、そうなったときが想像できないですね。もし俺の親とかがそうなったとした息子としてそれを決断できるだろうか どうすべきだろうか その最期の決断がたとえば入院費とかの問題で踏み切れるものか… 想像も付かないです。

うは URL 2009-12-21 (月) 14:12

複雑ですね、心中お察し申しあげます。
奥さんとかお子さんが下した「決断」が、『宿命』では
ないでしょーか。

ここ数日、めっちゃ寒いね。 ご自愛してね。

URL 2009-12-25 (金) 11:56

水瓶座さん:

こんにちは
そうですよね。私ももしお父さんの臓器が頑丈で
どうしますか?って言われたら、迷います・・

どこかで誰かの身体の中で生きていてほしい気もしますが、
なんか痛いのかも・・とか思ってできないかもしれませんし
難しい問題ですね。

URL 2009-12-25 (金) 11:57

ぐっさん。さん:

そうなんですよ!もし自分ならもういいですって言いそうですけど
本人以外は、きっと長く生きてて欲しいがために、延命しますよね。
だからいつ何時どうなってもいいように、書いとこうと思いました。

おじさんが亡くなった後も、何がどこにあるのかさっぱり分からず、
家族中大慌てでした。

URL 2009-12-25 (金) 11:59

うはさん:

もし自分の身内ならどうしようって本当に悩みました。
死なないもんだって思って生活していますが、
両親も50代で、分からないですよね。
もしかしたら事故ってこともありますしね。
毎日を大切にしないといけないですね。

昨日は若干暖かかったですけど
お正月あたりはどうなるんだろうか・・・・
広島雪降ったら、ノーマルタイヤしかない私は
帰れません(爆)

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://aimaxx.blog23.fc2.com/tb.php/400-794a9064
Listed below are links to weblogs that reference
死に対して from 上海 シャン・イー・シャン

Home > 日常 > 死に対して

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。