Home > 北京

北京 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

北京日記その8 ~天壇公園~




北京の天壇公園はいつも人が多い。

観光地って、大きく分けて

① 国内の方々に人気のスポット

② 海外の方々に人気のスポット

③ その両方

があると思うんですが、天壇公園はこの分類でいえば

③に当たるので、とにかくとにかく人が多いです。
( 多分近所の人とかも結構いると思う )


天壇公園は、1420年に建設された中国最大の壇廟で、

明・清の皇帝が毎年豊作を祈ったという場所です。

1998年には世界遺産にも指定されたんですよ♪



前回の北京日記その7 ~ライン~で御紹介した通りを抜けると


DSC04359.jpg

▲ まずは皇穹宇へ


ここは皇帝の位牌を祀る場所なんですが、

当時のまま、姿を残しているそうです。



DSC04361.jpg

▲ 中の装飾が素晴らしい!


本当に細かなところまでよくできてますよね~~



DSC04363.jpg

▲ そこから祭祀の中心まで向かう道


とても広くて長いです。

なんだか気持がいいので、いつも真ん中を歩きます (´▽`)



DSC04367.jpg

▲ 着きました!祈年殿


直径32m、高さ38mの円形の建物は、そんなに大きいものではないようですが、

存在感がとてもあって、天に向かって大きくそびえ立っているようです!


この建物はクギを一切使ってないんです。

すごいですよね!昔の人って (´▽`)


私はクギ使っても、犬小屋すら作れませんよ・・・



DSC043662.jpg

▲ 中国国内からの観光客


日本の観光客は同じバッジをつけていることが多いようですが、

中国国内の観光客の特徴は、おそろいの帽子をかぶっていることです♪

みんな同じ帽子をかぶっているので、迷子にならなくていいですね。


この写真を撮った時、ほのぼのしていいのが撮れたなって

思ったんですけど、ふと、ブログを書く時になって、

この人たち本人が撮った写真が気になったので拡大してみました。


綺麗に祈年殿撮れてるかな?



DSC04366.jpg

▲ ・・・




天壇公園、本当にエネルギーが満ち満ちている場所ですね!

またエネルギー補給に行きたいです ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡





   ★★  お・ま・け  ★★



DSC04365.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

【 関連情報 】
住所 : 北京市崇文区天壇路
開館時間 : 6:00~21:00(公園)、6:00~20:00(11月~3月)8:00~17:00(建物)
料金 : 15元(公園通し券 35元)(11月~3月は5元引き)



スポンサーサイト

北京日記その7 ~ライン~




北京に行くと、紫禁城同様必ず天壇公園に行きます。


ここに来ると大きなエネルギーをいただける気がするので、

大好きなんです♪


公園に続く道は、緑に囲まれてとっても綺麗です。


天壇公園

▲ こんな感じ




話題はとってもさかのぼるんですけど、

去年の北京オリンピック

聖火リレーはいろんな意味で話題になりましたよね。


ここもそのコースだったようで、石畳を見ると


ライン

▲ コースが青いラインで引いてあります
(注) 私の足じゃないですよww


北京の人が言うには、このラインはずっとずっと中国国内をめぐっているとか。

要するにあの聖火リレーのコースですよね。

本当かな??


聖火リレーってこうやってラインを書くって、

どの国もそうなんでしょうか??


私はこのラインに結構興味をひかれました (´▽`)



中国に行かれたら、足元を見てみてください。

もしかしたら青いラインがあるかもしれません♪





にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
北京ですがよろしくお願いします♪








北京日記その6 ~ 紫禁城 ~



皆さんもよくご存じの紫禁城 または故宮とも呼びますが

恐らく一番印象深いのは


ラストエンペラー [DVD]ラストエンペラー [DVD]
(2001/06/21)
ジョン・ローンジョアン・チェン

商品詳細を見る


▲ こちら 

『 ラスト エンペラー 』 という映画ではないでしょうか?

壮大なスケールで描かれた作品で、音楽は坂本龍一さんという

一言では語りつくせない、なんだかものすごい作品でしたね。


私は、今まで見た中国の建造物の中でトップ5に入るくらい紫禁城が大好きで、

初めて見た時の衝撃と言ったらありませんでした。



景山公園から見た紫禁城

▲ 天安門広場の真反対側にある景山公園から見た景色 やっぱり広いなぁ~


面積は725,000m² 。世界最大の宮殿というだけあり、

本当に隅から隅まで見学しようとしたら、一日二日では足りません。


部屋数は9,000以上あるそうで、

生まれた子供が日々部屋を入れ換わっても、その全てを終えるまでに

二十歳を余裕で超えてしまうとか・・・ すごいですね。



紫禁城1

▲ ここは大和殿と、その前庭


大和殿は故宮最大の宮殿であり正殿で、

現存する中国最大の木造建築物でもあるそうです。

 
この場所は、即位の式典、祝日の祭典、政令の発布など

重要な儀式を行う場所で、勿論映画にも登場しました (^v^)



玉座

▲ ここは玉座


大和殿の中央奥には、このような皇帝の座所があります。

薄暗く、少しひんやりした室内は立ち入り禁止。

映画のラストで溥儀がコオロギを見つけるシーン、あれはこの場所です。

いつ見ても鳥肌が立ちます! ゾワゾワ~



巨大な時計

▲ これな~んだ


これ、なんと巨大な時計なんですって!

蒋介石が国共内戦で敗北して、台湾に全部持ってっちゃった!

って台湾の故宮博物館は確かにすごい物が沢山ありますけど、

こんな大きいのはさすがに・・・ですよね(爆)




1406年につくられたとされ、24人の皇帝の居城だった紫禁城ですが、

やはり長い歴史を経て、さらにこれだけの広さならば、

メンテナンスっちゃ えらいことですね (;´Д`)



紫禁城修復作業

▲ 修復作業の様子


北京オリンピックの前には、いたるところで塗り塗りしたり、

屋根瓦の修復をしていましたが、まだ完全ではないようで、

今でもせっせと修復作業をされていましたよ!


日本だと、古いものは古いままでという理念があるような気がするんですが、

中国って、塗装はげたら見た目が悪いとか言って、

上からガンガン塗っちゃうんですよ Σ(・o・;)

見た目はきれいなんですけど、それってやっぱり見解の違いでしょうね。



紫禁城は以前も写真をたくさん撮ったので、次回は写真を主に

御紹介したいな~と思います♪



最後に私の記念写真





 














溥儀と一緒に

▲ 愛新覚羅溥儀さんと写真撮りあいこ♥







にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
また紫禁城行きたいな~♪





北京日記その5 ~ 天安門広間 ~


兵隊さん

 
                                人形のような兵隊さん



ママと坊や


                                        ママと坊や







中華人民共和国


                                       中華人民共和国 








にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
真赤に燃える 「 中華人民共和国万歳 」 の文字は、
いつみても一番中国らしい中国だと思う。


北京日記その4 ~ やっぱりすごいよ万里の長城 ~



北京に行くなら、やっぱり行かないと話にならないのが

「 万里の長城 」



北京市内から少し離れた場所にあるので、

バスや汽車などで行かなければなりません。



歴史が2000年以上もあるこの建造物、

TVなどで見る時は、綺麗な部分しか映ってないんですが、

管理されていない場所は、崩れ落ちているところも多いんです。


北京で観光客が足を運ぶ万里の長城は、主に5か所

トレッキングくらい丸一日歩き通しのスポットから、

気軽に楽しめるところまで、旅のプランに合わせて選べますよ♪


そして、観光客が最も多いところは 「 八達嶺長城 」

前回は 「 金山嶺長城 」 と 「 居庸関長城 」 周辺を見たので、

今回は 「 八達嶺長城 」 を行きます。



ロープウェイ

▲ 八達嶺には、ロープウエイがあります


片道40元、往復だと60元♪

でも・・・

見ておわかりの通り、一本のロープにしがみ付いてるゴンドラなんで、

もしも・・ もしも・・ 万が一があったら、死んでしまう。。。

その恐怖がかなりありました (T_T)



万里長城NO1

▲ 万里の長城着いたどぉ!!!


観光客が来る場所は、やっぱり綺麗ですね゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+


って言うか・・ よくこんなの作ったな・・

↑ 誰もが発するであろうこのフレーズww


万里長城NO2

▲ こうして見てみると、結構なのが分かりますか?


もっと分かりやすい写真だと 


万里長城NO3

▲ こうです!


これは傾斜角・・ 常に前傾姿勢でなければ、

コロコロコロ~って行ってしまいますよ (笑) 



以前中国の教科書では、

「 宇宙から見える唯一無二の建造物 」 と出ていたそうですけど

実際は見えないってことで、削除されたそうです(爆)


でも私がもし、中国の学生で教科書見てたら

きっと信じていただろうな~ って思うくらい 壮大です。



いつか時間があったら、1日じっくり歩いてみたいな~と思います♪

体力があるうちに(爆)




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
上海じゃないんですが、よろしくお願いします(゜∀゜)





Home > 北京

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。