Home

上海 シャン・イー・シャン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

年度末バタバタ




なんだかバタバタしています。

そんなに忙しくないのかもしれないんですけど、

気分だけが忙しい 「 気忙しい 」 んでしょうね(笑)


そんなコンなしてる間に記事がいくつかUPされていました。


こちらです。

今すごく眠いんですが、仕事しなきゃならないので(あたり前だけど・・・)

この辺ですみません  (((((*ノДノ)



スポンサーサイト

実は私



実は私ですね、


動物が苦手なんですって、前言いましたっけ?


汚い!とかそんな理由じゃなくて、怖いんです(汗)

というのも、家で金魚しか飼ったことがなくて、

その金魚っていうのも、水槽の掃除なんかは父親がやってたんで、

どうふれ合っていいのか?分からないので、苦手なんです。



私の友達は、死ぬほど動物が好きで、

扱いも慣れてます。


その友達の家には、 「 きなこさん 」 という三毛猫がいます。

きなこさんは独身を貫く予定だったそうなんですけど、

先月どこか行きずりの男性の子を3匹出産されました。

今はシングルマザーとして、頑張っていらっしゃいます。



2009121215360000.jpg

▲ 生まれたその日の様子


きなこさんは、今流行りのツンデレ女性で、

私の膝元で丸くなって寝てたかと思うと、お腹の上とか平気でテクテク踏みつけます。

私は動物が苦手なので、その都度びくびくしていたんですけど、

きなこさんが子供を3匹出産されてから、

ちょっとずつですが、猫に慣れてきました。


R0010941.jpg

▲ 先日の写真


だんだん猫らしくなってきた3匹



R0010944.jpg

▲ 私が特に好きなのは、灰色の子



小さい時から抱っこしたりしてると、だんだん恐怖心ってなくなるんですね。

最近は積極的にヨシヨシできるようになりました!


ちなみにまだ名前がないので、

灰色の子の種類がキジ猫というそうなので 「 きじちゃん 」

茶色いのが2匹いて、一匹はお腹が白いので 「 はらじろ 」

もう1匹は、お腹が白くないので 「 はらじろくない 」

と呼んでいます

私だけがそう呼んでいて、家族は 「 ぷーちゃん 」とか

「 みゅー 」 とか 呼んでいるようです。


いずれちゃんとした名前がつくでしょうけど、

母親が 「 きなこさん 」なので、

「 小麦粉 」 とか 「 あずき 」とか

「 片栗粉 」 みたいな名前がいいのかなって勝手に思ってます。


名前を考えてるだけでも、楽しいですね。「 ふりかけ 」も可愛いかも♪


初めてまともに動物と接したので、いろいろワクワクしています。




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
ちなみに、きなこさん以外に「 よもぎ 」「 はなぐろ 」などなどいて、
猫屋敷みたいになってます(笑)。 名前↑は基本、おばちゃんが付けてます。



新しい記事がUPされました



御無沙汰しております!

毎日寒いですよね・・・ ずっと走っていたんですが、

一時期忙しくて中断してました。

けど体がなまって仕方ないので、先日からまた再開しました。

その日に筋肉痛になって、屈伸できないくらいでしたが、

2回くらい走ったら、元に戻りました。

なまけちゃ 駄目!ってことですね・・・



さて!新しい記事がUPされました。こちらです

今回は紹興酒と魯迅の故郷、紹興です!

私は紹興が大好きです。

というのも上海から日帰りできますし、蘇州とか杭州みたいに

観光客が沢山いないからです。


是非機会があったら、足を運んでみてください♪

あ~こんなところで紹興酒作ってるんだなって、感動?すると思います~



にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ


あけましておめでとうございます




新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします!



この冬はとっても寒いですね・・・・

私は運よく、友達のおばあちゃんが使っていたという2003年製の

2畳くらいの電気カーペットを譲り受けました。

これなかったら、やばかったです(笑)


さていつの間にか記事がUPされていました。


お時間があったら、是非読んでみてください♪


みなさんも、私も、より一層飛躍の一年になりますように




                     愛

お葬式



先日 おじさんがお亡くなりになり

お通夜・お葬式・初七日 と全部出てきました。


家族でもないのに、骨壷持たされたり、

自分も香典出したのに、香典の計算やら名簿なんかも作って

なんか不思議な気持ちでした。


お葬式が悲しいのは当然なんですが、

本当にいろんな事があるんですね。


たとえば、親族の確執だとか

式の段取りだとか、あいさつを必死で暗記する友達の姿だとか

お金の事などなど


悲しんでばかりはいられない状況がよくわかりました。


そんな中、みんなワイワイ思い出話をしながら式を進めていて、

きっとおじさんも嬉しかったと思います。



おじさんのお骨があるところで、みんな(私を含む)で

川の字になって寝ました(笑)


帰る時おばさんに


「 別に帰らんでもいいのに~~

 お正月はまだおいで 餅は自分で焼いてもらうけど 」


と言われ  弟たちには


「 今度は宿泊費もらうけの(笑) 」


と言われ・・・



お役に立てたようでよかったです(笑)



    



追伸:

伊丹十三の『お葬式』を思い出しました。






Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。